NISMの認定に関する事務規定

1.規定制定の趣旨

この規程は、ネットワーク情報セキュリティマネージャー推進協議会(以下「NISM推進協議会」という。)が行うネットワーク情報セキュリティマネージャー(以下「NISM」という。)資格認定の実施について、必要な事項を定める。

2.資格講習制度の目的

ハッカーやサイバーテロの脅威に対処するため、情報セキュリティに関する専門家を育成・配置することを目的とする。

3.講習会概要

(1)認定コース及び種類

  1. 認定講習のコースを、「ネットワークセキュリティ基礎」、「ネットワークセキュリティ実践」「サーバセキュリティ実践」、「セキュリティポリシー実践」、「セキュリティ監査実践」の5種類とする。
  2. 認定講習の種類を「資格認定講習」と「資格更新講習」の2種類とする。

(2)認定講習の実施場所

  1. 認定講習はNISM講習事務局指定場所にて行う。なお、受講申し込み状況等により、指定場所以外の場所での実施も可能とする。

(3)受講資格

  1. 「NISM推進協議会」を構成する団体に加盟する事業者に所属し、当該事業者が推薦する者または、加盟はしていないが、上司または管理するものが推薦する者であって、かつ「NISM推進協議会」が承認した者。

4.講習の申込み

(1)認定講習の受付事務

  1. 認定講習の受付事務は、NISM講習事務局にて行う。

(2)認定講習の案内

  1. 認定講習の案内は、主にホームページにより年間を通じて行う。

(3)認定講習の申込み

  1. 認定講習の申込みは、受講希望者がNISM講習事務局宛てに所定の申込みフォームにより行う。

5.資格認定

(1)資格認定及び資格証の交付

  1. 資格認定講習のカリキュラム全てを受講し、講習後に行われる認定試験で基準とするレベル以上の成績をおさめた者を有資格者に認定する。認定者には、資格証を交付する。
  2. 認定講習後の認定試験で基準レベルに達しなかった場合、再度の認定講習受講に関して制限はないものとする。また、受験した日を資格認定日とする。

(2)資格有効期限

  1. 資格の有効期限は2年(資格取得日の翌々年度の3月末まで)とする。資格を更新する者は、NISM推進協議会を実施する更新手続きを行う。なお、取得日している資格により有効期限が上記と異なる場合がある。

(3)資格の更新及び更新者への資格証の交付

  1. NISM推進協議会が実施する更新手続きを実施し、更新を認められた者を有資格者に再度認定する。認定者には、新しい資格証を交付する。また、受験した日を資格認定日とする。

(4)資格失効

  1. 当該資格は、次のいずれかに該当する場合は失効する。
    ・資格有効期間を経過しても資格更新試験を受験しなかった場合、及び資格更新試験で基準とするレベルの成績に達しなかった場合。
    ・NISM推進協議会がなんらかの理由により、資格失効と認めた場合。
  2. 取得時に所属していた事務所を退職した場合、失効する場合がある。ただし、取得時の所属事務所の「許可書」があることで事務所を退職した場合でも資格を継続することができる。

6.費用・キャンセルポリシー

(1)請求方法

費用の支払い方法は、請求書払い等、NISM講習事務局指定の方法とする。

(2)キャンセル料

  1. 認定講習開始14日前〜3日前までの取消しの場合受講料の30%
  2. 認定講習開始2日前〜当日の取消しの場合受講料全額(この場合、申込者の希望によりテキストのみの送付可)※日程振り替えは不可とする。

7.その他

この規定に定めるもののほか、認定事務に必要な事項はNISM推進協議会が定める。