ネットワーク情報セキュリティマネージャー(NISM)資格制度

NISM資格制度は、ハッカーやサイバー攻撃の脅威に対処するため、情報セキュリティに関するスペシャリストを育成・配置することを目的に設立されました。

資格体系

以下のように6つの資格から構成されています。

総合スキル 専門スキル
基礎レベル 実践レベル
技術

情報セキュリティ全般にわたる概要や動向・基礎知識などを習得します。

セキュアなネットワークを構築するためのファイアウォール、VPN、 無線LANセキュリティについて習得します。

サイト内の具体的なホストの安全性を高めることを追求します。 各種OSを使用し、安全なサーバなどの構築方法を習得します。

セキュアなネットワークを運用するためのネットワーク監視、セキュアなサーバーを 運用するためのログ解析等を習得します。

管理

セキュリティ標準化の動向等を踏まえ、セキュリティポリシーの策定と リスクアセスメントについて習得します。

情報セキュリティ監査について、 監査項目の策定と脆弱性検査の実習を通じ、効果的な活用方法を習得します。

資格取得の方法

資格取得には、2〜3日間の講習会を受講いただき、最終日の認定試験に合格いただく必要がございます。
資格取得講習会について

有効期限

資格の有効期間は2年(翌々年度の3月末日まで)とします。
資格更新について

資格制度詳細

資格制度詳細

認定に関する事務規定

認定に関する事務規定