育成ご担当者様へ

NISMを社内の情報セキュリティ人材育成にご活用いただけます。
詳細等お問い合わせがございましたら、NISM講習事務局 info@nism.jp までご連絡ください。

NISM活用のメリット

社員のキャリアに合わせた人材育成

情報セキュリティの分野でレベル別・カテゴリ別に体系化されているので、社員のキャリアに合わせた教育を行うことができます。

NISM資格体系
基礎レベル ネットワークセキュリティ基礎
実践レベル・技術系 ネットワークセキュリティ実践
サーバセキュリティ実践
実践レベル・管理系 セキュリティポリシー実践
セキュリティ監査実践

NISM資格体系詳細

以下のように、社員のキャリアに合わせた育成を行うことができます。

職種例 取得する資格 資格活用のポイント
情報システム担当者 ネットワークセキュリティ基礎 基本的なネットワークセキュリティ・情報セキュリティの知識を習得します。
ネットワークエンジニア
セキュリティエンジニア
ネットワークセキュリティ基礎 ネットワークセキュリティ・情報セキュリティの全般・基礎を学びます。
ネットワークセキュリティ実践 エンジニアとして、セキュアなネットワークを構築するための技術を学びます。
サーバセキュリティ実践 セキュアなサーバを構築するための技術を学びます。ネットワークセキュリティ実践と合わせ、エンジニアとして、一連のセキュアなネットワーク環境構築の技術を習得します。
セキュリティ管理者 ネットワークセキュリティ基礎 技術面も含めた情報セキュリティの基礎を学びます。
セキュリティポリシー実践 セキュリティポリシーの策定と情報セキュリティ管理(リスクアセスメント)の手法を習得します。
セキュリティ監査実践 情報セキュリティ監査項目の策定演習と脆弱性検査の方法を学びます。セキュリティポリシー実践と合わせ、セキュリティ管理者として必要なスキルを総合的に身につけます。

学習効果の高い教育

講習会の受講
通常の資格とは異なり、資格取得のために講習会を受講いただく形式となります。 実機を用いた実習・モデルケースを用いた演習中心の講習により、実務に直結するスキルを身につけていただくことができます。

認定試験による動機づけ
講習会の最後には認定試験がありますので、集中して講習に取り組む動機づけとなります。

継続的なスキル維持

資格の有効期限は2年間となっており、定期的に更新試験を受けることで、継続的にスキルを維持していただくことができます。

NISMの社内人材育成への活用

さまざまな方法で社内の人材育成にご活用いただけます。

社内の認定資格としてご利用
社内の認定資格としてご利用いただけます。

お客様会場での講習会開催
受講者様にお集まりいただける場合、お客様会場での講習会開催も可能です。

情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験と合わせての育成
IPAが実施する試験と合わせて、実務に即したスキル習得のためにご利用いただけます。
情報セキュリティの試験(IPA)との比較

お問い合わせ

詳細等お問い合わせがございましたら、以下までご連絡ください。

NISM講習事務局 info@nism.jp